妊娠中にコーヒーを飲むのはダメ?


妊娠中にコーヒーを控えるように言われると思いますが、これはコーヒーに含まれるカフェインが胎児に良くない影響を及ぼすためです。

特に妊娠初期は注意が必要で、それ以降は少量であればカフェインを摂取しても問題ないと言われています。

カフェインには中枢神経を刺激し興奮させる作用があるため、大量に摂取すると興奮状態になり不眠や筋緊張、頻脈などの状態になります。

仕事中や勉強している時にコーヒーを飲んで気分転換を図り、シャキッとしたいと思うのはこのためなのです。また、消化器系が興奮状態になるため下痢などを引き起こすこともあります。

健康な状態の成人身体でさえこのような作用を及ぼすため、妊娠中の母体や胎児にも同等かそれ以上の負担がかかってしまいます。

妊娠中は特にカフェインの分解に時間がかかってしまい、胎盤を通して胎児にカフェインが移行しやすくなっていたり、代謝機能の発達が未熟な胎児の身体からカフェインが排出されにくい状態になっているために、カフェインを日常的に大量に摂取してしまうと流産や早産、発達障害などの原因になる可能性があると考えられています。

しかしながら毎日コーヒーを楽しみに愛飲している人にとっては、無理に止めることで逆にストレスになり、このストレスは胎児にとっても大敵になってしまいます。

1日のカフェイン摂取量が100㎎を超えると自然流産率が増加するといったデータがあるので、1日に100㎎を超えないように上手に飲み方を工夫しながら付き合うようにすることが大切です。

コーヒー1杯に含まれるカフェインが約100㎎なので、一日の中で時間と量を決めてリラックスタイムを楽しむこともストレスを溜めない方法となるでしょう。

また、カフェインはコーヒーだけではなく紅茶や日本茶にも含まれ、最近ではエナジードリンクなどといった様々な飲料にも含まれているので、成分表示をしっかり確認して摂り過ぎないよう注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です