葉酸サプリはなぜ飲む必要がある?いつから飲めばいい?


初めて赤ちゃんを妊娠した女性は、どのような食事をしたら良いのか迷う人が多いようです。
そのため、プレママ雑誌や情報サイトなどをチェックするという人が少なくありません。

これらには、妊娠中に葉酸を摂取するように促す文章がよく載せられています。

葉酸は妊娠期に欠かせない栄養素で、水溶性のビタミンB群の1つです。

これは代謝に深く関わってくる栄養素で、摂取することで細胞の再生や生産を助けてくれます。
妊娠期に葉酸が不足してしまうと、赤ちゃんが神経管閉鎖障害を発症するリスクが高まってしまいます。

神経管閉鎖障害になると、流産や死産になる可能性もあるので十分注意することが大切です。

厚生労働省は、妊娠している女性は1日480μgの葉酸を摂取するように勧めています。
さらに、妊娠を望んでいる女性も1日400μgの摂取を推奨しています。

葉酸を多く含んでいる食品には焼きのりや納豆、枝豆やホウレンソウ、ブロッコリーなどがあります。

ですが、納豆は100gあたり120μg、野菜の中で特に豊富な枝豆でも100gあたり260μgほどしか含まれておらず、食事だけで1日分の葉酸を摂取するのは非常に難しくなっています。

特に妊娠中はつわりなど食事がしづらい時が多いので、サプリメントを使用して補うように心がけましょう。

サプリメントは飲みやすいサイズのため、つわりの影響を受けにくいというメリットがあります。

さらにビタミンやミネラル、亜鉛など、妊娠中に補いたい栄養素も含まれていることが多く、これらを手軽に摂取できるのは大きな魅力です。

葉酸が大切な栄養だと分かったものの、いつからいつまでサプリメントを飲んだらいいのか迷うことがあります。

厚生労働省は、妊娠を計画している女性にも摂取を促しているので、妊娠が判明する前や妊娠初期から飲み続けていくのがおすすめです。
さらに、葉酸は母乳の生成にも深く関わってくる栄養素なので、授乳期が終わるまで飲むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です